Uncategorized

麻雀格闘倶楽部Spを実際に打ってみた体験談

麻雀格闘倶楽部Spは、日本プロ麻雀連盟公認の麻雀アプリです。

 

元々アーケード版で人気を博した麻雀格闘倶楽部のアプリ版で、アーケード版との連動も可能なので、アーケード版をプレイしていた方には違和感なくすぐに始められるでしょう。

また、ゲームモードも多彩で、無料の練習卓からハイレート卓まで幅広く揃っているので、自分に合った麻雀をプレイすることが可能です。

ゲームをプレイするのに必要なMGの消費が少し割高ですが、基本プレイ無料で遊ぶことができるのも魅力的の点です。

 

本記事では、麻雀格闘倶楽部Spがどのようなゲームか、その特徴や実際にプレイした感想、どんな人にオススメのゲームかご紹介します!

麻雀格闘倶楽部Spの特徴

まずは、麻雀格闘倶楽部Spがどのようなゲームなのか、その特徴を以下の項目に分けてご紹介します!

  • ゲームモード
  • 段位システム
  • 料金体系
  • 対応端末

ゲームモード

ゲームを起動すると、このようなロビー画面が表示されます。

 

麻雀格闘倶楽部Sp多彩なゲームモードが揃っていて、主に以下のようなものがあります。

  • 通常卓
  • ハイレート連勝フィーバー卓
  • ルーム卓
  • FREE
  • 通常CPU
  • 練習卓
  • サクサク報酬卓

通常卓

通常卓は、全国のプレイヤーとマッチングして対局する、麻雀格闘倶楽部Spのメインモードです。

 

卓は以下の4つに分かれています。

  • 東風戦
  • 半荘戦
  • 三麻
  • 一局戦

 

東風戦と半荘戦どちらも対応しており、三麻もあります。

また、一局戦という珍しいモードもあり、一局のみの短期決戦なので、時間がないときでも手軽に遊ぶことが可能です。

ハイレート連勝フィーバー卓

ハイレート連勝フィーバー卓は、対局に1500MGが必要なハイレート卓です。

 

対局で一定数以上の点数を超えると、通常より多くのMGが獲得できます。

また、獲得したMGを次局に持ち越すことで、より多くのMGが獲得可能となっています。

 

上級者向けの卓なので、MGに余裕ができて、腕に自信がついてから望むのが良いと思います。

ルーム卓

ルーム卓は、ルームを作成することでお友達と対局を楽しむことができるモードです。

ルームを作成したりルームに入室したり、観戦することも可能となっています。

FREE

FREE卓はMGの消費なく全国のプレイヤーと対局ができるモードです。

打牌時間も長く設定されているので、初心者の方におすすめです。

通常CPU

通常CPU卓は、昇格を目指してコンピューターと対戦するモードです。

 

勝星とファイトオーブの移動があり、対局報酬も獲得できます。

ファイトオーブとは、段位の昇格の際に必要なアイテムです。

練習卓

練習卓は、段位やMGを気にする必要なく、気軽に麻雀の練習ができる卓です。

勝星とファイトオーブの移動はありませんが、MGの消費を気にする必要がありません。

サクサク報酬卓

サクサク報酬卓とは、プチプロの親密度を上げたい方向けの卓で、段位を気にする必要なく対局の報酬でハートを集めることができるモードです。

プチプロとはアバターキャラクターのようなもので、対局をより盛り上げてくれます。

段位システム

麻雀格闘倶楽部Spの段位は、10級からスタートして1級、初段~10段、その上に「四神マスター」「黄龍」と続きます。

 

初段に昇格した時点で、過去の対局結果を元に以下のいずれかの属性が与えられます。

  • 青龍:ドラの使用率が高いか、役満を和了ったことがある。
  • 朱雀:和了率が高い。
  • 白虎:平均和了翻数が高い。
  • 玄武:振込率が低い。

 

昇段は、対局結果に応じて増減する「ファイトオーブ」を増やすことで段位を上げることができます。

ファイトオーブは、トップのプレイヤーがラスのプレイヤーから奪うことで獲得するシステムなので、麻雀格闘倶楽部Spではいかにトップをとるかが重要になります。

料金体系

麻雀格闘倶楽部Sp基本プレイ無料となっています。

 

ですが対局するにはゲーム内通貨であるMGが必要となります。

対局後に点棒がMGに変換されるのでいくらかは返還されますが、MGが不足した場合は購入が必要となります。

ちなみにアカウント作成時に1000MG、ログインボーナスで11100MGが付与されます。

 

ゲームをプレイするのに必要なMGは以下の通りです。

東風戦 250MG
半荘戦 375MG
三麻 250MG
一局戦 50MG

 

MGが不足した場合、一度「雀石」を購入してMGに変換する必要があります。

雀石は1個あたり10MGに変換が可能です。

 

MGを購入するのに必要な雀石は以下の単位で購入が可能です。

まとめ買いをすることで、多少お得になります。

120 12
250 29 5個お得
490 62 14個お得
980 134 38個お得
2080 290 90個お得
3420 520 180個お得
4520 720 270個お得
5860 980 4000個お得

 

対応端末

  • モバイル版 (iOS、Android)

麻雀格闘倶楽部Spモバイル向けの麻雀アプリです。

他にもアーケード版や家庭用ゲーム機向けのバージョンもありますが、残念ながらパソコン版には対応していません

麻雀格闘倶楽部Spをやってみた感想

麻雀格闘倶楽部Spを実際にプレイした感想を、以下の項目に分けてご紹介します!

  • グラフィック
  • オート指定
  • あがった時
  • 代走
  • 設定

グラフィック

実際に卓に入りプレイしてみました。

 

グラフィックはこのような感じで、画面自体はシンプルと言えばシンプルです。

ですが無駄な機能も多い印象で、少し慣れるのに時間が掛かりました。

ドラが光って表示されたり、シャンテン数が表示されたりなどのアシスト機能が多いので、初心者の方には向いているのかもしれません。

オート指定

鳴きありにしておくことで、鳴ける牌が出た場合はこのように鳴き指定の表示が出ます。

他にも画面右側のメニューから「アガリAUTO」「鳴無」のオンオフが可能です。

あがった時

実際にあがった時はこのような表示になります。

画面いっぱいに大きく翻数や点数が表示されるので、分かりやすくなっています。

代走

麻雀格闘倶楽部Spには代走」機能があります。

 

画面右側のメニューから設定が可能で、オンにするとコンピューターが代わりに代走してくれます。

ある程度は手配を進めてくれるので、一時的に離席する際などに便利な機能です。

設定

画面右側のメニューから「設定」をタップすることで、細かい設定が可能となります。

ドラのエフェクトや聴牌サポートなどの初心者アシスト機能から、バイブレーションのオンオフなどが可能となっています。

どんな人におススメ?

麻雀格闘倶楽部Spは、もともとアーケード版で人気のゲームなので、アーケード版でプレイしていた方には違和感なくすぐに始められると思います。

また、アーケード版との連携も可能なので、アーケード版での戦績を引き継いだ状態で始めることができます。

ただ、基本プレイ無料とはなっていますが、実際対局するにはMGが必要で、一局あたりのMGの消費も少し高いと感じます。

対局結果に応じてMGは返還されるので、ある程度腕に自信がある方でしたら無料でしばらく遊ぶことができますが、長い目で見るとコストは高いように感じます。

 

ですがその分、グラフィックもある程度綺麗だったり、演出も豪華で、プチプロなどの楽しめる要素があるのは魅力の点です。

登録時に1000MGが貰えるので、まずは無料で試してみるのもありだと思います。

-Uncategorized

© 2021 DORA麻雀の評判や口コミを分析|違法性無く安全に遊べるのか? Powered by AFFINGER5